痛風を根っこから改善~STOP放置!体の困ったはプロにお任せ~

女性

食の欧米化で浸透した病気

サプリメント

痛風は食の欧米化によって浸透していった病気の一つです。生活習慣病と合併しやすく、命の危険もあるほどの病気です。早期治療で改善することができるため、定期的に病院を受診することが大切です。

Read More...

自分で行える予防策

笑顔

痛風の発症には生活週間が大きく関わっています。そのため、日頃から生活習慣や食生活を注意することで予防することができると言えるのです。自分でもできる簡単な予防策は色々とあります。

Read More...

原因は様々ある

つらい痛風でお悩みの方はコチラに改善方法やおすすめのサプリが紹介されてるので、ぜひ試してみてください。

免疫治療をしてがんを予防しませんか?こちらのクリニックではがんのプロが対応してくれるので安心して治療することができますよ。

痛風の症状を知っておこう

医者

痛風とは血液中に尿酸という老廃物がたまってしまい、ある日突然発作を起こし、関節痛などの痛みを生じる病気です。健康診断で尿酸値が7.0mg/dLを超えると痛風発作を起こしやすくなるので注意が必要です。この痛風発作はどのような症状が出てくるのでしょうか。代表的なものとしては、足の親指の付け根部分が腫れて激痛を伴います。またアキレス腱の付け根や足の甲などにも痛みが生じるケースもあります。また発症するタイミングも暴飲暴食をした後や激しい運動をした後の夜中から明け方にかかけて発作が生じやすいとも言われています。1〜2週間ほどで発作は治まりますが、放置しておくと再び発作が生じることがあります。しかも発作の間隔が短くなってくるので、適切な治療と予防が大切になってきます。

痛風発作については多くの人が聞いたことがあるでしょう。血液中の尿酸値が高いまま放置しておくと痛風発作になるリスクが高まるとされています。痛風の患者にはある特徴があると言われています。まずこの病気にかかるのは圧倒的に男性が多いことです。これは痛風の原因となる尿酸の排出に女性ホルモンが関係しているからだと言われています。しかしながら女性であっても無理なダイエットや偏った食生活でホルモンバランスが崩れることで発症する可能性があるので注意が必要です。また発症年齢としてはかつては40代や50代の男性に多かったのですが、最近では20代や30代の若い世代の男性でも発症する人は増えてきているようです。このように痛風は若いうちから注しなければならない病気になってきているようです。

そもそも尿酸とは何

医者

尿酸は身体の中で発生する老廃物のことです。これらを数値化したものが尿酸値であり、異常をきたす場合にはプリン体が大きく関わっているとされています。予防をするなら、病院で自分の身体の状態を知ることが大切です。

Read More...